読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗澹たる圧倒的現実を知れ

 「世の中には2種類の人間しかいない。貧困を知る者とそうでない者だ」。という言葉があるかどうかは知らないけれど、あってもおかしくないんじゃないか、とか思う。

 うちの親族は貧困を知らない。そしてわたしも貧困を体験したことはないのだが、仕事では貧困にある人に接することがある。ただ、仕事が仕事なので、生活保護はもちろんだけれど、大体はその貧困の影に病気や障害、虐待や育児放棄といった家庭環境が見え隠れするケースがほとんどだ。また、都心部でも地方でも、問題が生じて医療にかかるまで、必要な医療にも福祉にも全繋がっていないような、一体これまでどうしてきの?!と言いたくなるようなケースも少なくない。

 少し話がずれたが、親族と話していて痛感するのは、貧困を知らない人たちに貧困を伝えることの難しさだ。貧困を知らない人たちは、そこまで壮絶な貧困があるということ自体をうまくイメージ出来ないし、いくら伝えても全くリアリティーを持てない。当たり前だ。自分の身に起こるとは思えないのだから。直接言葉を交わすこともないのだから。その姿、その視線、その語りを体験することがないのだから。

 貧困の果てに起こった痛ましい事件のニュースやわたしが話す貧困の例を聞くと、彼らは眉をしかめて同情する。「それは可哀想ね」「そういう人たちもいるんだな」。でもそれだけ、それだけだ。別にそれが悪いとは言わない。惡とは言わない。ただ、貧困にある層と貧困を知らない層の壁はとても厚いと実感する

 世の中にはにはどんな不幸でも起こりうる。しかし、私たちの想像力はそれこそ貧困だ。何の情報もなしに、世の中に今どんな不幸が存在するのかなんて知る由もない。それを知ってどうする?という声もあろう。悲劇を知ってどうする、不幸を知ってどうする。どうにも出来ないことならば、別の世界のことならば、別に知らなくても良いだろう、と

 しかし、こういう現実というのは1人でも多くの人が知ることというのが大事だし、ぶっちゃけ知ることからしか始まらないのではないだろうか。それを知って何をするわけでなくてもいい。募金をしなくてもいいしボランティアをしなくてもいいし、毎日胸を痛めなくてもいい。ただ、まずは「想像もできないような現実がある」と知ること、0を1にすることが意味を持つと思う。どんな差別も苦悩も、それを知る人が少しでも増えなければ何も変わらない。
 

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス) 

 貧困とか抜きにしても普通におもしろい漫画。あれよあれよという間に身を崩して貧困の底辺に落ちていく現代人のさまざまなパターンが網羅されている。

 

「最貧困女子」

最貧困女子 (幻冬舎新書)

 これは多くの人に読んでほしい良書。貧乏と貧困は違う、とはあるけれどその通りだ。貧乏は「貧乏でも楽し」といった「金が無いなりのQOL(クオリティオブライフ;生活の質のこと)」を高めることができるが、貧困は違う。そういった質とか楽しみといった概念はこうべを垂れてすごすごと退場するしかないような圧倒的な過酷さがある。
 また、著者は、人は低所得に加えて「3つの無縁(家庭の無煙・地域の無縁・制度の無縁)」「3つの障害(精神障害発達障害知的障害)」から貧困に陥ると述べているのだけれど、後者の3つの無縁については、確かに精神科臨床の現場にいるものとして納得がいく。障害によって安定した就業が難しく、加えて支援への繋がりにくさもあるために結果的に前者の「3つの無縁」を引き起こしやすい実態があるのだ。
 

「ギャングース」

ギャングース(1)

 「最貧困女子」の著者が原作をしている漫画。「最貧困女子」が貧困女子についてならば、こちらは男子版とでも言おうか。ただ、漫画はどちらかというと犯罪漫画という感じ。犯罪の裏事情とか豆知識がたくさんで、オレオレ詐欺とかいった昨今の犯罪の裏はこんな風になっているのかー、と普通に興味深く読める。また主人公のキャラがいいし、「ウシジマくん」ほど後味悪くない。

追記

 「最貧困女子」の著者は対策案もいくつか提示しているが、そこにあった「夜もやっている学童」に近いものを実践しているNPOはすでにあるみたい。でも対象年齢はちょっと高めなのかな。
 

www.colabo-official.net