読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さみしくてかわいらしい孤独【絵】【南桂子】

ボヌール

 南桂子は友人から教えてもらって知った。15歳ほど年上の友人が南桂子の展覧会に行き「絶対好きだと思って」とポストカードを買ってきてくれたのだ。一目で好きになり、画集もその場で貸してもらったのを覚えている。
 さみしくて、かわいらしい、きれいな色彩の銅版画。拡がる空間と、そこにぽつねんと配置される木や少女。羊に魚。その空間は孤独を思わせるけれど、決してそれは陰鬱なものではない。透明で、静かな世界。深い海の底のような。心の奥の最も静かな場所のような。時がとまって、音もない、しんとした空間。
 
 いつかプライベートオフィスをもてたらこの人の絵を飾りたい。
 

 

ボヌール

ボヌール